あなたならどう使う!?スペース作りが上手な折りたたみ傘「シェアリー」で雨の日のストレスを解消![PR]

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

雨の日は、洋服や荷物が濡れて嫌ですよね。傘をさしても荷物が傘の中に納まらず濡れてしまった経験をした方も多いのではないでしょうか?

私の対応策は「大きい傘をさす!」ということでしたが、なんと「Sharely(シェアリー)」が一発解決してくれましたよ!しかも、折りたたみ傘なのに大きな傘よりもスマートに解決してくれたので、本当に画期的な傘だと思います。

このスペースをうまく使うことで、色々な方の役に立ちそうな気がしています。梅雨の季節に向けて、期待が高まりますね・・・!

折りたたみ傘」であることを念頭に置いた上でお読みください!魅力がより伝わると思います!
drip

なぜ大きい傘じゃダメなのか。

ダメというわけではなく「理想的ではない」というイメージ。

大きければ大きいほど雨を防げるのですが、持ち運びは不便になるし、人通りの多いところではすれ違うだけでも一苦労・・・。雨がやんでしまえば荷物にもなるし、不便さを感じていました。

何とかならないものか・・・!と、思っていた矢先で出会ったシェアリー。

さっそく、この傘を使ってみることに。

見た目は普通の折りたたみ傘!

収納時のサイズは、直径約7×長さ約31.5cmということで、よくある折りたたみ傘とさほど差はありません。このサイズであれば、ビジネスバッグにもしまえるサイズ感だと思います!

専用のケースもついていますし、本当に見た目はいたって普通の折りたたみ傘と変わりませんね。しいて言えば、少し太いくらいでしょうか。

でも、それはしょうがないです。

なんたって「人間工学に基づき軸をずらした設計の折りたたみ傘」なんですから・・・!これにより、傘をさした私の周りには、雨に濡れないスペースが増えることになるんです。

Sharely(シェアリー)_3

柄の部分が少し変わった形になっています。握った感じは、滑ることもなく持ちやすい印象です。

Sharely(シェアリー)_12

折りたたみ傘特有の「開きにくさ」は、この赤い部分をもって開くことで解消できそうできます。もちろん閉じるときも楽ちん。

さて、早速傘を開いてみましょう。

超画期的な折りたたみ傘がこれだ!

Sharely(シェアリー)_4

傘を開けば、その違いは一目瞭然ですね。

軸が中心にある傘が一般的ですが、シェアリーは軸を2つにすることで傘の面積を広げています。これにより、折りたたみ傘の欠点をいくつも解消しています!

折りたたみ傘といえば・・・

  • コンパクトだが傘も小さいので結局濡れる
  • 傘を持っている手の逆側が濡れてします
  • 荷物が濡れる
  • 二人で使うと、ジェントルマンでない限り二人で半分ずつ濡れる

右手で持てば傘の軸も右側に来るので、どうしても左半分が濡れがちですよね。さらに、リュックサックなどをお使いの方は、背中が予想以上に濡れることもあったかと思います。

全て解決です・・・!

Sharely(シェアリー)_5

ひっくり返してみると、構造がよくわかります。アンバランスに見えますが、実際にさしてみると持ちにくさはなく不思議な感じですよ!

この傘であれば、自分や持っている荷物を雨から守るだけでなく、小さいお子さんを抱っこやおんぶをする際にも活躍しそうですね。

実際に刺してみよう!

Sharely(シェアリー)_77

不思議な形をしていた柄の部分ですが、これは「傘の広い方」を指していることがわかりました!傘の広い方を目で探さなくても確認できるので、地味ながら嬉しいポイントです。

Sharely(シェアリー)_10

さて、私はバックパックをよく使うので、後ろのスペースがどれくらい空くのか撮影してみました。

オレンジ色の部分を見ていただくと、結構広いスペースが空いていることがわかると思います!

もちろん足元に近いほど濡れてしまうと思いますが、バックパックを背負ったり、赤ちゃんをおんぶしたりすることを考えると、十分カバーできていると思います。

Sharely(シェアリー)_11

下から見るとこんな感じです。軸が2つあることで、その軸を中心に傘が広がるので雨除けのカバー率が高いですね!

Sharely(シェアリー)_9

次に、傘の軸を横に持ってきましょう。さすがに二人用の傘ではないのでカバーしきれない部分はありますが、十分すぎるスペースができていると思います。

傘を180度回転させ、傘を持っている腕と反対側に軸をもっていけば、両肩ともカバーしてくれます!

Sharely(シェアリー)_13

最後に、軸を前に持ってきました。意外に使えるなと思ったのが「スマホを使う時」ですね!スマホが濡れません。(歩きスマホは、危険ですのでやめましょう。

また、赤ちゃんを抱っこしているお母さんにもお勧めだと思います!

レディースカラーもあるので、是非チェックしてみてください。

今後試したいこと。

  • 雨の強さは、どれくらいまで耐えられるか
  • 風にどれくら耐えられるのか
  • 風にあおられる心配はないのか
  • etc…

更新記事をお知らせします!ご登録よろしくお願いします!

follow us in feedly

記事の評価で読者プレゼント!

記事の品質向上のためにこの記事の「記事評価」制度を取っています。下記のバナーよりアンケートにお答えいただき、記事のシェアをしてくれた方には毎月異なるプレゼントをdripよりお送りさせていただきます。皆さんの真摯な目でご評価をお待ちしております。

drip

drip

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

「仕事もプライベートも充実させたい!」という想いからTiMEZを運営中。カメラを持って旅に出ることが最高の楽しみ。仕事終わりの時間や、週末をもっと充実させよう・・・!目指すはweekender(週末旅行者)!