旧日本軍の要塞島!フェリーで10分で行ける東京湾の無人島「猿島」を散策しよう!

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

東京湾に浮かぶ唯一の無人島であり「天空の城ラピュタの世界だ・・・!」と話題になっていた「猿島」に行ってきました。

猿島は、砲台が置かれ東京湾を守る「要塞の島」だったそうです。要塞エリアの散策をはじめ、今では自然を楽しめるとても面白い場所になっています!

  1. 東京湾唯一の無人島である
  2. 自然の中につくられた要塞を散策できる(とってもフォトジェニック)
  3. バーベキューや海釣り、海水浴などを楽しむことができる
  4. それでいて、フェリーで10分で行ける
こんな猿島が気になる方は、ぜひ続きを読んでください!写真多めなので雰囲気が伝わればと思います。

スポンサーリンク

横須賀中央駅から猿島へ。

猿島へ

猿島へは、京急本線「横須賀中央駅」から徒歩でフェリー乗り場を目指します。近くに「三笠公園」という軍艦の置いてある大きな公園がありますが、そこではなくその隣になりますのでご注意を!

駅からフェリー乗り場までは、徒歩15分程度見ておけばよいと思います。マップをご紹介しますので、ご参考までにどうぞ。

猿島へ_6

フェリーの料金は往復1,300円(子ども半額)で、猿島公園入園料200円(子ども半額)がかかります。

通常時は1時間に1本運行していますが、賑わう季節には20分間隔で運行しているようです。この日は、BBQシーズンということもあり20分間隔でどんどん猿島へ・・・!

猿島へ_7

フェリーは10分程度。出航するとすぐに猿島が見えてきますので、わくわく感がたまりません!

フェリーの2階の先頭に乗れると、風が本当に気持ちい良いのでお勧めです。

猿島へ_10

島に近づくと、ビーチで遊んでいる様子が見えてきます。ここでは「手ぶらでBBQ」が可能とのことで、BBQとビーチを楽しんでいる人であふれていました!

猿島に行く際の注意事項がフェリー運航会社及び横須賀市より出ていますので、ここでもご紹介しておきます。ルールを守ってみんなで楽しみましょう!

ちなみに、BBQをしたい場合には必ず運営会社に事前に連絡しておきましょう。一部の食材は販売しているとのことでした。

  • ペットNG(介助犬、盲導犬を除く)
  • 花火など危険な遊びは禁止。
  • 猿島に泊まることはできません。
  • 天候によりフェリーが欠航となる場合がある
  • 猿島では食材の販売は行っていません
  • 参加者募集型の撮影会
  • 公園の一部占有
  • 音響機器(DJブース等)の設置や使用
  • 海水浴場期間以外の遊泳
  • 燃料(炭・ガス等)を使用するコンロ類、又は、燃料(炭・ガス等)の持ち込み

猿島上陸!ファーストインプレッション。

DSC08642

徐々に大きくなってくる猿島を見ていると、あっという間に到着します。散策目的の方は身軽に、BBQ目的の方は、お酒や食材などを担いで島に来ている模様。

猿島をがっつり散策したい方は「猿島公園専門ガイド協会」に事前に連絡しておくと、ガイドツアーに参加することができますよ。

合わせてチェックを。

猿島へ_12

さて、猿島について周りを見渡すと人だらけなんですが、人が入れない場所を見てみると水がとってもきれいでした。

そして、つるっとした岩場がとっても印象的で、みとれてしまいました。

猿島へ_13

南の島とまではいきませんが、浅いところは一応底が見えますね。

猿島へ_11

砂浜はほとんどなく、周りはいわばとなっています。上の写真の場所には降りることはできませんが「自然島」を感じることができると思います。

また、海釣りができるように降りられる岩場もちゃんとあるようです。

猿島へ_20

人がたくさん入る方のビーチは、やはり少し濁っていますね。海には入れない季節は、どんなふうになるのかとっても興味がわきます。

砂浜ですが、BBQのシーズンはほぼそちらに場所を占領されているのでのんびりできるスペースはないと思った方が良いです!

また、海はすぐ深くなるので浮輪必須で子どもは要注意です。

猿島

散策する際ですが、入口に猿島仙人杖の無料貸し出しがあります。猿島散策では、急な坂や階段を使いますので必要に応じてどうぞ。

「猿島要塞」を散策しよう。

DSC08724

猿島は、明治14から昭和20年までの64年間、民間人の立ち入りが許されなかった旧日本軍の要塞島です。そんな歴史を感じながら、自然の中につくられた要塞を散策することができます。

猿島散策の楽しみ方は「自然の中に作った要塞」を楽しむのはもちろんなのですが、手つかずの自然が残る貴重な場所でもあるので、植物をはじめ壁の苔など「自然の色」を楽しんでほしいと思っています。

猿島_7

猿島散策は、1時間程度でぐるっとまわれます。写真を撮ったり、のんびりまわって2時間後のフェリーで帰るくらいがちょうどよいかもしれませんね。

島の売店はものすごく混みあいますので、ドリンク、お弁当など持参するとよさそうです。

猿島_11

猿島と言えば、なんといっても「幹道(切通し・トンネル)」でしょう。全長約300mの幹道には切通し、トンネルがあります。

幹道が直線につくられていなかったり、傾斜を持つトンネルが存在したりと、あえて見通しを悪くするような造りになっており、要塞として色々な工夫が施されている部分にも注目ですね。

猿島_14

切通しに沿って4つの兵舎・弾薬庫があります。予想以上に奥まで小屋が広がっていて、まさに要塞・・・!

猿島_16

トンネルの前には、コスプレをした面々が。コスプレして撮影したいくらい雰囲気のある場所だと考えてもらえればと思います・・・!

DSC08715

トンネルの中はこんな感じです。実際は真っ暗なので、雰囲気抜群ですよ!

天井がアーチ状の煉瓦でつくられたトンネルは、西壁には地下施設があり2階構造になっていてとても複雑な構造になっているんだとか。

DSC08722

メインのトンネルではありませんが、このトンネルが一番雰囲気があったような気がしますね。自然との一体感がいい感じです。

猿島_15

壁に文字が。

DSC08720

トンネルは1つではなくいくつもあります。

DSC08727

切通しから別のルートに入ると、山道があります。山といっても「島」ですので、海に面した岩場が広がっていますので、柵から出るなと言われたら絶対に出ないように。

さて、どんどん奥に入っていくと、見渡しのいい場所に出ます。

DSC08730 DSC08734

ここでお弁当を食べたり休憩している方々がいましたね。

写真でご紹介した場所以外にも見どころはたくさんありますので、のんびり散策を楽しんでもらえればと思います。

DSC08751

猿島散策はこれで終了です!

週末旅行及び散策に、ぜひ。

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!