サムエル・コッキング苑のチューリップを抜けてシーキャンドルへ

サムエルコッキング苑は、明治時代の英国人貿易商「サムエル・コッキング」に由来した植物園です。

四季の花や植物を見ることができますので、カメラを持った方がたくさん来ています。この季節は、チューリップが広がりとても綺麗でした。

また、日本初フレンチトースト専門店「LONCAFE」もありにぎわっていました。

スポンサーリンク

入場料が別にかかります!

展望灯台

サムエルコッキング苑への入場料と、その苑の中にある展望台「シーキャンドル」の入場料は別になっていますので購入時にはお気を付けください!

サムエル・コッキング苑

入口は同じで、シーキャンドルに上る料金が別途かかる形です。

しっかりと花が育っている季節は、サムエルコッキング苑の中を散歩するだけでも楽しいですよ!

現在のサムエルコッキング苑の様子は公式ページで公開されていますのでチェックしてみてください。

サムエルコッキング苑のチューリップたち

サムエル・コッキング苑_チューリップ サムエル・コッキング苑_チューリップ1 サムエル・コッキング苑_チューリップ3 サムエル・コッキング苑_チューリップ4

ウィンターチューリップお勧めです!

LONCAFE_日本初フレンチトースト専門店 ロンカフェ前

ロンカフェは、景色がとってもいい場所なので暖かい日はここで食事もよいですね!

シーキャンドルは、ここよりもさらに高くなりますのでもっともっと海と空を見ることができますよ!

シーキャンドルからの眺めが最高!

シーキャンドルからの眺め

シーキャンドルは、展望台が2つありまして一番上が外になります。ここからの景色がとてもよかったです!

シーキャンドルからの水平線

海がきれい。日が沈む時間帯に合わせると、また違った景色が楽しめると思います。

シーキャンドルから富士山

靄が晴れると、目の前には富士山が見えるはず・・・!

シーキャンドルから本島

ビーチもここから一望できます!

シーキャンドル下り

高所恐怖症の方にはお勧めしませんが、風が弱い日にはエレベーターを使わず階段で降りることができます。

高さを実感したい方には本当にお勧めです!

シーキャンドル

降りてみると、その高さに驚きますね・・・。

冬はイルミネーションもきれいなので撮影スポットとしても人気なようです。

昼間の江の島、夕焼けの江の島、イルミネーションの江の島。どれも魅力的です!

  1. α7IIと休日散歩 ~江の島編~
  2. 江の島の入口から一番奥にある稚児ケ淵まで散策!(写真中心)
  3. 江の島の老舗で海鮮を堪能!創業140年の魚見亭と創業明治42年の江之島亭。
  4. サムエル・コッキング苑のチューリップを抜けてシーキャンドルへ(本記事)
  5. 波と風の音を聞きながら。江の島No.1のパワースポットといわれる岩屋洞窟へ。
  6. 漫画やドラマでも有名な鎌倉高校前駅へ。

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!