1927年に建築された西洋館を使ったカフェ「えの木てい本店」で食事とスイーツを楽しもう!

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

えの木てい本店」は、かつて外国人居留だった山手に残る数少ない西洋館のひとつで、150年以上昔のアンティーク家具などもあり、古き良き横浜の雰囲気を今も残し続けているお店です。

お店は、元町・中華街駅から徒歩で行ける場所にあり、散歩コースにももってこい!週末旅行・週末散歩にぜひ!

スポンサーリンク

アメリカ山公園から向かうと便利!

元町中華街駅6番出口

えの木てい本店」は元町・中華街駅が最寄り駅になるんですが、お勧めはアメリカ山公園に出る「6番出口」です。

この地域は坂も多く距離以上に体力を使ってしまうのです。6番出口から出るととってもスムーズにお店に向かうことができますよ!

駅からは徒歩で約6分程度ですし、えの木ていの周りは緑も多く散策コースとしてもおすすめ!時間に余裕をもってゆっくり散歩できると良さそうです。

大きなエノキが目印の西洋館の雰囲気をお届けします。

えの木てい

名木古木指定の大きな「エノキ」が目印のえの木てい本店。まずは、本店の雰囲気を写真で伝えられればと思います。

食事やスイーツメニューはもちろんなのですが、この外見やアンティーク家具などの雰囲気が好きという人も多いようですよ!

えの木てい_1

道路から見るお店の外観が本当に素敵で、お店に入らなくてもフォトスポットとしてもおすすめの場所だと思います。

■営業時間:11:00~19:00 (L.O.18:30)

えの木てい_3

ガーデン席もあり、ペット連れもOK。涼しい日であれば、ガーデン席でランチというのもとっても魅力的ですよね。

西洋館のテラスで、大きな木の下でランチ。これは最高の休日になりそうです。

ちなみに、メニューはケーキ類を中心にスイーツ系、食事系にわかれていますのでどの時間に来ても楽しめると思います。

えの木てい_4

この日は、オープン30分前にお店に着きました。初めは誰もいませんでしたが、15分前くらいになると列ができていましたよ!

ガーデン席も含めれば満席になることは少なそうですが、室内希望の場合で3名以上での利用の際には少し早めにお店に行きましょう。

1階のティールームで食事を。

えの木てい_5

初めに、1階でハンバーガーとかき氷を注文してみました。

料理が届くまでは、店内の雰囲気を楽しみましょう。オープンで入るとお店の中も撮影しやすいのでお勧めです!

えの木てい_6

窓側の席は、木々とガーデン席を眺められ光の入り具合がとっても印象的な席です。日差しが直接入ってくるこはなかったので、「暑すぎて困る!」ということはないでしょう。

えの木てい_7

部屋の家具やオブジェにも注目!

えの木てい_9

写真を撮ったらきりがないのですが、実は「レジ」がとっても雰囲気があって大好きなんですよね。もしお店に行ったら、チェックしてみてください。

えの木てい_14

もはや廊下すら雰囲気抜群!

えの木てい_10

こちらは「チーズバーガー」です。ハンバーガーを包む紙をくれるので、トマトとレタスをハンバーガーに挟み、紙で包んで食べます。

ポテトチップを数枚小さく砕いたものを挟むと美味しかったです!

えの木てい_12

デザートにかき氷を。イチゴの果肉とミルクの甘味が最高です!

ふわふわ純氷かき氷は、全部で4種類。以前お店に行ったときは「ミックスベリーフラッペ」を注文したので、この日はミルクの甘さが加わった「ストロベリーミルクフラッペ」にしてみました。

先ほども書いた通り、ケーキ類が豊富なのでケーキセットもなかなかお勧めです!

えの木てい_13

テイクアウト用のバターサンドは、1階でも食べることが可能です。

2階のテイクアウトコーナーへ

えの木てい_15

2階は、テイクアウト用のスイーツショップがあります。ギフトや手土産にも良さそうだなぁと思いました。

えの木てい プライベートルーム

最大6名まで可能な個室もあり、女子会やママ会、家族でゆっくり過ごしたい時などにおすすめだと思います。

この部屋限定のメニューや本格的なアフターヌーンティーをたのしめるとのこと。

西洋館で、ゆったりとした時間をお過ごしください!

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!