面白いことがしたい!からはじまった。シルバークリエイターDAgDART加藤さん【Timez インタビューVol.4】

Timez Interview

クリエイターやアーティスト、CEOなど、何かに没頭している人、夢中になっている人をインタビューしていく企画【Timezインタビュー】。彼ら、彼女らは、なぜそれに没頭し、何を得たのか。そして、これから何にチャレンジしていくのか、語ってもらった。

 

好きなことを仕事にできたら…そう願う方も多いのではないでしょうか。

楽しいことがしたい!その原動力の大きさは計りしれません。毎日好きなことができるって幸せですよね。今回は、自分が面白いと思うことを仕事にすることができた、シルバークリエイターDAgDART加藤さんにお話を伺いました。

今回お話を伺った方

➤DAgDART加藤裕章さん
神戸のオリジナルシルバーアクセアリーブランドDAgDARTでの彫金教室の講師も務める傍ら、独特の世界観のあるアイテム展開するシルバーアクセサリー「Penny Black」を担当。座右の銘は「行き当たりばったり」。

 

オフレコです

−何故シルバークリエーターをはじめたのでしょうか?

kato_interview

何ででしょうか。(笑)

う~ん、大阪に住んでいる時に、ただ何か「面白いことがしたい!」という気持ちがベースにあって、そこに彫金とシルバー、神戸といった要素に出逢ったタイミングだったように感じます。若い時に思う「自分の可能性を信じて!」と少し夢見がちにシルバーアクセサリーを創ることに没頭していた時、とある知人から同じ彫金でシルバーアクセサリーを創っている人を紹介してらうことになり、それが現DAgDRTの工房長である叶谷で、初めて会った時に「じゃ、一緒にやろう!」と、あっさりとDAgDARTに就職することになっていました。かなりテンポがよかったです。(笑)

それからは、シルバーアクセサリーを創ることが仕事となり、想像と勉強といった日々でしたね。創りたいモノを考え、そのために必要な知識を得るといったイタチごっこでしたが、そこからの得た様々な経験が、今では僕の担当しているシルバーアクセサリー「Penny Black」のアイテムを創り出すことや、彫金教室の講師に繋がっているんだと思います。今でもまだ勉強することは多いですけどね。

とか言いつつ実際は、引っ込みがつかなくなって今までシルバークリエーターを続けてるような…オフレコです。(笑)

 

感覚が研ぎ澄まされる

−シルバークリエーターに没頭して、良かったことやその逆はありますか?

シルバーアクセサリーを創っていく日々の中、デザインに関わり続けてきたことで、色々なものがそのフィルタを通して見ることができるようになって日々楽しくなりました。造形やバランス、色などに敏感になっているんでしょうね。そういった点では他の人達より数倍楽しくモノを見れていて得をしているかもです!

ただ、仕事柄椅子に座りっぱなしになることが多く、動くことが少ないワークスタイルなので太りました。運動すればいいことなのかもしれませんが…。(苦笑)

 

あえてアナログ

penny-black

−最後に、今後チャレンジしたいことを教えてください。

今担当して制作しているシルバーアクセサリー「Penny Black」を全国展開したいですね!もっとたくさんの人達に僕の世界観を見て欲しいです。できれば、ずっと憧れている大排気量のアメ車を購入して、各地方へ「Penny Black」のアイテムを持って行脚なんてできたら最高ですね!何かの薬売りみたいですけど。そんなことを可能にするためにも、これからもシルバークリエーターとして日々没頭したいと思います!

 

−加藤さん、ありがとうございました!実は私も彫金スクールに通っていたことがあるのですが、講師の先生ってホント器用な方が多くて、大変お世話になった記憶があります。(いつも途中で諦めて、先生に最後やっていただくというダメ生徒でした。。。)今までできあがったアクセサリーしか見たことなかったのですが、シルバーが作られていく過程を経験して「こんなに大変なんだ!」と驚愕した記憶は今でも鮮明です。そして、様々な過程を経て作られるハンドメイドのシルバーアクセサリーは、一生大事にしたくなりますね。今後も頑張ってください!

DAgDARTオフィシャルサイト
DAgDARTオフィシャルショップ

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!