【器・花連載vol.4】木目が美しい、山中漆器 我戸幹男商店のお椀

【器連載vol.1】木目が美しい、我戸幹男商店のお椀

➤器と花に没頭しよう。器・花連載アーカイブはこちら

毎日は無理でも、たまにはいい器で美味しい食事をいただく。

「そんな日が1日でも増えたら」と願い、お花の連載とともに、器の連載もはじめます。使わない日でも、食器棚に飾って眺めたい器たちを紹介していきます。

山中漆器、我戸幹男商店のお椀

GM-001-B (1).jpg

記念すべき第1号は、山中漆器、我戸幹男商店(がとみきおしょうてん)のお椀。サイズ:φ110 × 70mm 価格:¥3,780

我戸幹男商店は、明治41年(1908年)にろくろの街、山中温泉で我戸木工所創業しました。

山中漆器は安土桃山時代にはじまったと言われています。挽物といわれる、ろくろを回して円形の器をつくっていた集団が、山中温泉上流に定住して作りはじめたそうです。

この山中漆器は「木地の山中」と称されているよう、木目を活かし美しいフォルムに仕上げられており、欅(けやき)のプレーン仕上げで、材質のしっかりした硬さときれいな木目が活かされた一品です。

 

今回は、オシャレで使いやすい器を手頃な価格で販売している、横浜・妙蓮寺にあるstyle select shop まほろさんにご協力いただきました。触り心地もよく、とても軽いので、普段使いにもピッタリな器。少し寒くなってきたこの季節に、温かいお味噌汁やスープ用の器として新調してみませんか?

MB-Support logo

写真・コンテンツ協力:style select shop まほろ
焼物、陶器、磁器、漆器、竹細工、和紙、革製品などの職人がつくる伝統の和のテイストを含みながら、モダンで生活に馴染みやすいアイテムを取り揃えている横浜のセレクトショップ。それぞれのアイテムは、スタッフが実際に陶芸家のアトリエや展示会などに出向き、ひとつひとつ納得して仕入れているので、細部にこだわったプロダクトが集められている。

style select shop まほろ
・神奈川県横浜市港北区菊名2-8-20
・東急東横線「妙蓮寺」駅から徒歩7分
・TEL:045-402-5211

➤器と花に没頭しよう。器・花連載アーカイブはこちら

スポンサードリンク

【器連載vol.1】木目が美しい、我戸幹男商店のお椀

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!