花火の先っちょ。軌跡を追いかけて花火大会当日とは違った魅力を発見。

「TiMEZ」をお読みいただきありがとうございます。”nocco“です!

花火といえば、夜空を光で彩るだけでなく、火薬のにおいやドンっという破裂音が体に響く感じが総合して魅力的だと思っています。

花火大会では色々なシーンを撮影できると思いますが、今回は「花火の先っちょ」と「軌跡」にクローズアップしてみました。

花火大会当日の迫力のある花火とはちょっと違った魅力が伝わればと思います。

スポンサーリンク

シャッター速度を遅くするだけでこんなにキレイ

べっぷ火の海まつり納涼花火大会_3

今回は、花火を軌跡を残すためにシャッター速度を遅くして撮影しています。私が使っているSonyのα7IIでは「Sモード」を使うことで簡単に撮影できますよ!

撮影の準備はこれだけです。基本的には三脚必須ですが、この日は三脚を持っていなかったのでカメラを床に置き、カードケース等をレンズの下に入れ強引に上を向けて撮影しました。

結局、カメラが動かなければ問題なしです・・・!

  1. Sモードにする
  2. 設定は4~6秒くらい
  3. ピントを1つ前に打ちあがった花火に合わせておく
  4. または、打ち上げる場所と大体同じくらいのところにあるものにピントを合わせておく
べっぷ火の海まつり納涼花火大会_16

シャッター速度については、「花火が打ちあがってから開くまでの時間」に合わせるのが良いと思います。上の写真は、打ち上ってから花火が開ききるまでの時間と、シャッター速度がちょうどよかった時の写真です!

こんな感じで撮影した写真を掲載しますので、花火大会当日とはちょっと違った魅力が伝わったらうれしいなと思います!

べっぷ火の海まつり納涼花火大会_13 べっぷ火の海まつり納涼花火大会_17

途中から人色が変わる花火は、とってもきれいな軌跡が残りました。

ちなみに、シャッター速度を遅くしすぎてしまうと、次に打ち上ってくる花火の軌跡も撮影してゴチャっとしてしまうので要注意です!

べっぷ火の海まつり納涼花火大会_6

しかしながら、こんな風に撮れることもあるので秒数は色々試してみると良いかも。

べっぷ火の海まつり納涼花火大会_5

訳が分からないけど、お気に入りの1枚!

べっぷ火の海まつり納涼花火大会_4

噴射の迫力!

べっぷ火の海まつり納涼花火大会_7

複数の花火が重なり合う写真

べっぷ火の海まつり納涼花火大会_8

線香花火のような打ち上げ花火

べっぷ火の海まつり納涼花火大会_9 べっぷ火の海まつり納涼花火大会_10

ピントがぼけてもキレイ・・・!

べっぷ火の海まつり納涼花火大会_11 べっぷ火の海まつり納涼花火大会_12 べっぷ火の海まつり納涼花火大会_14 べっぷ火の海まつり納涼花火大会_1 べっぷ火の海まつり納涼花火大会_2

以上、花火のちょっと違った魅力紹介でした!

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!