悩んだらマダム・サラネーへ!お勧めのレトロでお洒落なタイ料理レストランがここだ!

タイ・スクンビットにあるタイ料理レストラン「マダム・サラネー(Madam Saranair)」に行ってきました。

実は、なんの情報もなくスクンビットを歩いていて、たまたまたどり着いたのがこのお店。事前に知っていたらちゃんと向かったのに・・・!

タイ料理をはじめ、ワインなんかも展開している面白いお店でした。タイのレストランの中では、ほんの少し高めなのかな?それでも十分安いですけどね・・・!

シンハーと料理を堪能しましょう。

スポンサーリンク

レトロでおしゃれなお店!

マダム・サラネー(Madam Saranair)_1

今回宿泊していた「3 ハウ ホテル アット スクンビット 21」から徒歩圏内で行けるお勧めのレストランです!

料理は美味しいし、値段もお手頃価格。ランチの時間からディナーまでやっていますので「とりあえずタイ料理!」というときには、ここを選択しておけば安心だと思います。

お店の入口は緑が生い茂っていて、少し奥にお店のドアがあります。「場所が分かりにくいです!」と書こうと思いましたが、これだけ生い茂っているので逆に目立ちます・・・!

マダム・サラネー(Madam Saranair)_2

緑のテーブルがとっても印象的。また、レンガ風の壁にワインも並んでいました。

マダム・サラネー(Madam Saranair)_3

この日は、ランチの時間よりも少し早めに到着したせいか、一番乗り!その後、観光客と思われる団体さんが数組きていました。

2名でも大勢でも対応してくれます!

ちなみに、この辺りで人気のレストラン「Big Mama Pizzeria Italian Restaurant」が隣にあるのですが、なにやらオーナーが一緒のようで ビッグママのイタリアンも注文できるんだとか。

今度行ったら試してみたいところ・・・!

マダム・サラネー(Madam Saranair)_5

こちらは、個室風のテーブル席。

総合してカジュアルな雰囲気なのですが、それでいてお洒落だから本当によいお店です。

シンハー?シン?

マダム・サラネー(Madam Saranair)_7

日本語は通じませんでしたが、片言の英語で何とかなります。スタッフの優しさが素晴らしいですね・・・!

メニューも英語のメニューをもらえればある程度内容がわかると思います!

今回は、写真の彼が対応してくれたのですが、「Do you have Shingha(シンハー) ?」と聞いてみたところ通じず。

「Beer!Beer!Shingha!Shingha!」と言い続けたところ、何かに気が付いたような顔をして「シンっ!!OK!」と言ってくれました。

「シンハー」ではなく「ビア・シン」というと通じやすいとのことです。発音って難しい・・・。

シンハーで乾杯!注文した料理の一部を紹介します!

マダム・サラネー(Madam Saranair)_40

物価が安いので、日本と同じように飲んだり食べたりしてもその価格に驚くことでしょう!しかも、本場タイ料理で味も美味しい!最高すぎると思いませんか?

シンハーは、とってもあっさりしていて飲みやすく、タイ料理との相性が良いんですよ。ビール好きには、たまらない旅行となりました。

ちなみに、タイの気候もビールとの相性抜群・・・!最高すぎます。

マダム・サラネー(Madam Saranair)_9

シンハーのつまみに注文したのがエビの唐揚げ。ビールとの相性は言うまでもないと思います!

タイの要素はソースに入っていますので、たっぷりつけて食べてみてください。

マダム・サラネー(Madam Saranair)_11

次は、トムヤムクンです。日本でもおなじみのタイ料理ですね!日本のトムヤムクンとはやはり違い、辛味と酸味、色々な香りが本当に特徴的。

トムヤムクンを注文したところ、お兄さんに「ライスかパンはいるか?」とずっと聞かれたので何かと思ったら、ライスとの相性も抜群!

そのままでももちろん美味しいのですが、是非一緒に。

マダム・サラネー(Madam Saranair)_10

少しピリ辛の炒め物も美味しい!これもライスに合うんですよねぇ。

量は、どの料理も2~3人分だと思っておけばOKです!価格も安いし、席もたくさんあるので一人でも、子連れでも、大家族でも行けますよ。

「タイの食の旅」が本当に最高だなぁ。タイ旅行はまだまだ続きます!

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!