EOS Kiss X7のレンズキットが4万円台に!小さい一眼レフカメラをお探しの方はいかが?

私が2代目として購入した一眼レフカメラ「EOS Kiss X7」のレンズキットがなんと約4万円で買えるようです。(2016年11月26日現在のAmazonで、40,900円)

当時、世界最小最軽量の一眼レフカメラとして話題になり、実際に使ってみるとその軽さとサイズ感に本当に驚きました!

手ごろな価格で一眼レフを購入したい方は、是非チェックしてみてください!

EOS Kiss X7のサイズ感や使い心地、セットになっているレンズで撮影した写真などまとめました!

サイズ感と重量感をチェック!

EOS Kiss X7_EF501.8Ⅱ_2

実際に手に取ってもらった方がその小ささを実感できると思いますが、まずはX7を手のひらにのせてみました!

本体の小ささがよくわかると思います。(写真のレンズは別売りです。)

EOS Kiss X7_iPhone

カメラの横幅と高さは「W116.8×H90.7mm」で、どちらも10cm前後ととってもコンパクト。重さも本体のみで300g台ですので500mlのペットボトルよりも軽いわけです。

レンズキットのレンズを装着してみると下の写真のようになります。

EOS Kiss X7_18-55レンズキット

本体が小さいのでレンズが大きく見えますね。

重さは以下の通りです。

EOS Kiss X7

500mlのペットボトルよりも少し重いくらいのイメージですね。

カメラは、利用頻度が高ければ高いほど楽しめますし、利用頻度が下がってしまえばそのうち使わなくなってしまうのではないかと思っています。

扱いやすさとサイズ感を考えると、利用頻度を高めやすいカメラではないかなぁと。

小さくて軽くて、金額も安くなってる。慣れてきたら、もちろん新しいレンズも検討できる!

個人的にはおすすめの機種だと思います。

フィット感について。

EOS Kiss X7_3

本体が小さくて軽い分、手が小さな方でも扱いやすいカメラだと思います。

基本的には、レンズと本体を両手で支え安定させてから撮影することが多いと思いますが、X7は片手で持ててしまうので予想以上にサッと取り出してサッと撮影できました。

手が大きくても大丈夫?
手が大きい方だと、初めは若干扱いにくそうな印象はありましたが、慣れてしまえばというレベルのようです!
EOS Kiss X7_18-55レンズキット持ち方

しいて言えば、軽すぎて安定しない?と感じる方もいるかもしれませんね・・・!

そんなときは「レンズと本体のつなぎ目をちゃんと手にのせる」ことで安定しましたよ。

キットレンズで撮影した写真7枚!

bit the dog

色々なレンズと組み合わせ、色々なシーンを撮影できるのがカメラの楽しみ方の1つです!

ただ、その前に「標準で装備されているレンズでどんな写真が撮れるのか?」と思いますよね?

あくまで参考程度ですが、一般人である私が撮影した写真を7枚ほどアップします。(カメラ本体は、X7とさらに旧機種のX5にて撮影)

九州一花火大会_ホテルヨーロッパ9 美ら海水族館_ジンベエザメ2匹 美ら海水族館_ジンベエザメ 大木屋日暮里_肉ブロック5 サンセットビーチ3 ハウステンボス_街並み3

ちなみに、AmazonではブラックのX7が4万円台。ホワイトが5万円代と少し金額が違いました。

気になる方は是非チェックを!

EOS Kiss X7をさらに扱いやすくしてくれるレンズたち!

EF-S24mm F2.8 STM_EOS Kiss X7

たぶん、X7との組み合わせで最小サイズになる組み合わせがこれだと思います!

パンケーキレンズ「EF-S24mm F2.8 STM」の長さは、なんと約22.8mm!2cmちょっとしかないのです。

レビュー詳細はこちら!

【ついに到着!】キヤノンのパンケーキレンズ「EF-S24mm F2.8 STM」とEOS Kiss X7の組み合わせが薄すぎる!

EOS Kiss X7_EF501.8Ⅱ_2

また、先ほどもご紹介したこちらの写真ですが、レンズは「EF50mm F1.8 II」というレンズで発売終了となっています。

現在は、その後継レンズとして「EF50mm F1.8 STM」というレンズが出ているようです!

旧レンズの写真しか使ったことがありませんが、コンパクトながら撮れる写真が本当に良い感じに!お勧めです。

スポンサードリンク

▼この記事が気に入ったら是非▼