【Soup Stock Tokyo×art】有名な絵画をスープで表現する。

10月24日(月)より、新商品「“ゴッホ”の麦畑のスープ(サフランと野菜のプロヴァンス風)」と「“ゴーギャン”の麦畑のスープ(豚肉の煮込みプロヴァンス風)」が販売スタート。

スープストックトーキョーでは、二人の作品からインスピレーションを得て、二人が共同生活を送ったプロヴァンスの麦畑をテーマにアプローチの異なるスープを展開します。

gg
 “ ゴッホ ”の麦畑のスープ(サフランと野菜のプロヴァンス風)(写真右)

スペルト小麦のぷちぷちとした食感とサフランの風味が、プロヴァンスの麦畑を思わせるスープです。ゴッホの色彩と筆のタッチになぞらえ、野菜を細かく刻んで入れました。

“ ゴーギャン ”の麦畑のスープ(豚肉の煮込みプロヴァンス風)(写真左)

低温で煮込んだ豚肉に、ひよこ豆のペーストや大麦を合わせ、紫玉ねぎのソテーを乗せました。記憶と想像から絵を描くゴーギャンの作風を表現しています。

ストーリーから生まれたスープを2 種類販売!

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%97

今までにも、画家が遺した作品に描かれていた食材、時代背景や風景などを想像し、そのストーリーからスープを作ってきたスープストックトーキョー。

そこから生まれた「芸術家のレモンと鶏肉のスープ」と「ゴッホの玉葱のスープ」の2種類を、ゴッホとゴーギャンのスープ販売期間中各店にて同時に展開する予定です!

芸術家のレモンと鶏肉のスープ

2015年、地中海沿岸の芸術家たちをイメージして作りました。レモンの爽やかな香りが口の中に広がる、クリーミーでコクのあるスープに、鶏肉とセロリの食感がアクセント。

ゴッホの玉葱のスープ

2010年に「ゴッホ展」が開催されたときに、ゴッホの作品「玉葱」をイメージして作ったスープです。じっくり炒めた玉葱を使い、パンを加えてとろみをつけたオニオングラタン風のスープです。

201609_秋澄ましリリース

さらに、同タイミングで、スープストックトーキョー各店舗もスープの美術館に。

スープや商品開発の裏話を音声ガイドにて配信。ヘッドホンも用意しているとのことで、スープのことを知りながら味わえる特別な期間になっていますよ。

ご興味ある方は是非どうぞ!

音声ガイドはこちら!※10月24日(月)公開
スポンサードリンク

▼この記事が気に入ったら是非▼