素材をスープで食べる。ポタージュ仕立て「和田さんのごぼうスープ」【家スープのじかん with Soup Stock Tokyo14】

素材をスープで食べる。ポタージュ仕立て「和田さんのごぼうスープ」【家スープのじかん with Soup Stock Tokyo14】

【家スープのじかん with Soup Stock Tokyo】
Soup Stock Tokyoが毎月開催している、“食”を起点に「おいしいって何?」を考えるイベント「おいしい教室」のテーマに合わせ、スープの世界をのぞいていく連載です。

➤3月のテーマ「素材を食べる」
春の野菜は、ご馳走です。冬を乗り越えて育った春の野菜はみずみずしく、風味も良いのが特徴です。素材をまるごと味わうスープは、季節の恵みに感謝したくなる味に仕上がるでしょう。旬のものは、シンプルに。

 

そもそもSoupは素材を楽しむことができる料理ですが、Soup Stock Tokyoには厳選された素材を主役にした「素材を食べる」という冷凍スープ限定のラインナップがあります。今月は3つご紹介しますが、まずはひとつめのごぼうです。

ポタージュ仕立ての「和田さんのごぼうのスープ」は、厳選された甘さのある希少な「和田さんのごぼう」を使っています。このごぼうにしか出せない風味豊かで奥深い味わいにきっと魅了されるでしょう。

ごぼうがフルーツのように甘い?!

DSC09862.JPG

 

この「和田さんのごぼう」は、北海道帯広市の和田農園でしか作れない世界で一つだけのごぼうなんだそうです。

一番の特徴が“ジュースにして飲めるほどの”甘さ”で、糖度はとうもろこしとほぼ同等の18度程度。根菜類であるごぼうなのに、フルーツのような甘みが珍しいとても興味をそそる代物です。

また、ごぼうの香りも大変芳しいのも特徴的です。灰汁(あく)がたいへん少ないので、油とあわさったときにえぐみのない、爽やかな香りがします。繊維が柔らかく、和田さんのごぼうを油で揚げると繊細な食感が口の中ではじけるなど、調理法次第でこのごぼうの色んな表情を楽しむことができます。

Soup Stock Tokyoのスープもその一つ。

このごぼうの他、たまねぎとにんにくも一緒に丁寧に調理しています。それぞれがスープに溶け込み、三位一体となってお互いの素材を引き立てています。

袋をあけたとたん、鼻孔を優しくくすぐるごぼうの香りがキッチンに広がります。ひと口いただくと、生クリームやバターのクリーミーでコクのある味わいで、隠し味に味噌がはいっています。それぞれの良さが凝縮された贅沢で計算された味わいが至福のひとときを与えてくれます。

 

土壌づくりのこだわり

和田農園は『人間の健康は良い作物から』をモットーに、品質を重視し、体に優しい食物作りに力を入れているそうです。

健康な野菜を作るために必要なのは、良質な土壌。毎年土壌分析を行い、土に有機肥料として「海のもの(昆布・魚粘など)」「山のもの(米ぬか、菜種粘)」を入れ、土中の ミネラルバランスを整えている程のこだわりです。この土壌作りの こだわりが唯一無二のごぼうを作り出しています。和田さんは、知識と技術をごぼう畑に注力し、努力を惜しまず、長い年月をかけて作られてきました。そのひたむきな真面目さが、他に類を見ない美味しいごぼうとなって実を結んでいます。

 

思いが詰まった一杯のスープ

DSC09887.JPG

ごぼうは女性にとっても嬉しい成分が含有されています。食物繊維が多く、腸の働きを整えたり、コレステロールをコントロールする作用もあります。また、利尿効果もありむくみを解消してくれるといわれています。身体にとっても優等生食材です。

和田さんのごぼうを使った、美味しいスープで心にも栄養を与えましょう。
生産者そして、Soup Stock Tokyoのこだわりが詰まったスープは、みんなの思いが形になった至極の一杯です。愛用のマグカップで手軽に良質なこのスープをいただく…。想像しただけでも、ほっこりしませんか?

文/cloud9

 

コンテンツ協力:Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)

「Soup Stock Tokyo」とは、食べるスープをコンセプトにしたスープ専門店。冷凍スープの専門店「家で食べるスープストックトーキョー」では、冷凍スープをフルラインナップでご用意しているほか、オンラインショップでもお手軽に購入することができます。
Soup Stock Tokyo
家で食べるスープストックトーキョー
■Online shoping:yahoo!楽天市場

おいしい教室
家スープのじかん with Soup Stock Tokyo記事一覧

スポンサードリンク