クリスマスをテーマにしたトータルコーディネート【器・花連載16】

クリスマスをテーマにしたトータルコーディネート【器・花連載15】

先日、TiMEZが開催したインスタミート(撮影会イベント)のメインブースを、フラワースタイリストのAnnaさんにスタイリングしていただきました。とっても素敵なアレンジに参加者の方も喜んでくださっていました!今回は、大好評だったテーブルコーディネートについてお話いただきます。TiMEZ編集部

 

クリスマスをテーマにしたトータルコーディネート

Happy holidays.

一年でこの時期だけ使う事が出来き、みんなをわくわくさせてくれる特別なメッセージです。私は今年一番初めのHappy holidaysはもう伝えました。クリスマスカードの準備は出来ていますか?

今回はクリスマスをテーマにしたトータルコーディネートです。

IMG_7435.JPG

プレゼンテーションプレートとして用意した ”JOY” と書かれたもの、本来はクリスマスツリー用のオーナメントなんです。お店で見つけて直ぐ、これを絶対に ”特別な何か” に使いたいと夢中になってアイディアを巡らせました。プレゼンテーションプレートとは、お食事が始まる前にゲストをお迎えする気持ちをこめて一番初めに飾ってセッティングしておくお皿の事です。

今回はこのクリスマスオーナメントにメッセージを込めて、大好きなカップケーキでゲストをお迎えしてみました。他にも手書きのメッセージを添えてみたり、クリスマスらしく松ぼっくりを飾ってもわくわく感があると思います。

使用しているカップケーキはCupcakeスタイリストのはずきさんに作って頂いたもので、いつもイメージを元に作成をお願いをしています。細部にこだわった物を作ってくださり、私のコーディネートは彼女のケーキが無いと成り立たない程無くてはならない物なんです。カップケーキは目で見て、香りを楽しんで、味わって…五感で楽しめるベストなテーブルアイテムです。今回は本物のパンジーをトッパーにあしらってみました。

 

IMG_7639.JPG

テーブル左右のお花は二段トレーに活けたものです。このトレーは2014年のクリスマスに、私が勤務していたロンドンのJanePackerで販売していた物を特別にプレゼントしてもらいました。私にとっては楽しかった思い出が蘇るとても思いれのあるトレーです。下の段にボリュームを出したフラワーアレンジ、上段はキャンドルと花びらをあしらいました。

 

IMG_7509.JPG

中央のバードケージ -鳥かご- には、濃い紫のスイトピーと少し白がかったスカビオサを閉じ込めて、周りにはパリで見つけたガラス製クリスマスオーナメントを大小様々な大きさを散らしてあります。一番大きなボールの中には、本物のフェザーが閉じ込められているんです。

 

IMG_7602.JPG

まだ12月ですが、花市場にはもう春の訪れがきています。
束にしてまとめただけのスイトピーはテーブルの外にも散らして、テーブルとの統一感を出してみました。スイトピーはすっきりとした甘い香りがするので、お花やさんの前を通ったら是非香りを体感してみてください。これからどんどん、出回る時期になります。

 

IMG_7561.JPG

お皿の周りには高さの違うグラスをセットしました。
ブラックのシャンパングラスはカーボン製のお手軽なもので、ガラスのショットグラスはNYで見つけたもの。このグラスは、イベント中も大変好評で大のお気に入りアイテムのひとつです。私のテーブルコーディネートの先生から紹介してもらったものです。小さなショットグラスにも関わらず、重厚なずっしりとした重みのガラスでフォルムが美しくもうたまりません。皆さん水が入っている様に見えるとおっしゃられたのですが、水のように見える部分はガラスで出来ている分厚い底のデザインです。

全てのアイテムに共通する事ですが、テーブルコーディネートを作る際に高低差を作る事を心がけてみると抑揚を感じる仕上がりになります。低い物を並べたら、高さのある物を並べる。たったそれだけのことでも、ぐっと雰囲気が出ます。また、テーブル上に使っているアイテム と同じ物をテーブル以外の場所にも散らしてみてください。統一感が出て、コーディネートにまとまりがでます。是非次回のテーブルコーディネートの参考にしてみて下さいね。

 

IMG_7527.JPG (LEDキャンドル)

そして、なんと言ってもキャンドルの暖かみはとても重要ですよね。
素敵なテーブルが演出でき、光の輝きで全てのアイテムがより美しく感じられます。この写真の中にはLEDキャンドルと、本物のキャンドルが織り交ぜられています。LEDと聞くと人工的な灯りに感じ、あまり好きではありませんでした。しかし、生花や薄い繊細なガラスの側で灯せたり、黒いススが出ない、たれてしまう心配もないと、手軽に使えるので用途によっては重宝するのでおすすめです。最近は、本物のゆらめきを再現した物や、今回使用している様に周りだけ本物のロウで作られている様なタイプも出ています。

IMG_7572.JPG (本物のキャンドル)

最後になりましたが、私は今回使用したアイテムの紹介をさせて簡単にさせて頂きました。

一つ一つのアイテムは其々大切なエピソードを持っています。思い出が頭の中に蘇ってテーブルを囲む大切な人達とその気持ちを共有する事ができ、新しい会話が広がると思います。なんともないグラスかな?と思っていてもエピソードを聞くとアイテムの見方が変わってくる事もあります。コーディネートを作った際には是非、是非!自分がどんな気持ちで準備をした物なのか、どんな面白いエピソードが隠されているのかをゲストにお伝えしてみてください。

IMG_7588.JPG

素敵なクリスマスシーズンを過ごせますように。
Happy holidays.

 

【使用したお花】
・メインのテーブル
スイトピー(紫)
イングリッシュローズ(オフホワイト)
ダリア(黒蝶)
スカビオサ(赤、濃紫)
パンジー(ケーキのトッピングとして)

・メイン以外のテーブル用に
アネモネ(赤)
ダスティーミラー(白っぽい葉っぱ)
スカイビオサ(赤、濃紫、茶)
スイトピー(紫)

 

3600820

■写真・コラム:CARLA(カーラ) Anna Kitano
幼少期より自宅のあったアメリカ/LAを中心として様々な国の文化/世界観や空間装飾に触れながら感性を養った。

書籍出版/個展等を行うシルクフラワーアーティストの母の影響もあり、客室乗務員としての勤務を始めてからフレッシュフラワーアレンジメントの世界へ。お花単体ではなく、テーブル上のコーディネートをトータルで彩り空間を楽しむというプレゼンテーションスタイルを大切にしている。

イギリス/ニューヨークに渡航。ロンドンに本店を置き、ロンドンオリンピックのメダリストブーケを作成する等で世界的に有名なJANE PACKERでの勤務を通して経験を積む。現在はイベント等のフラワー装飾/イベントレッスン等を開催しながらエアラインスクール講師としても活動中。
              
・取得資格等
LE CADEAU/Basic course・Advanced Course,JANE PACKER FLOWER SCHOOL LONDON/Career Course Certificate, Briller/Table Coordinate Basic Lesson,SENSE/Table Coordinate Certificate,Official instructor,Salon de M /Junior Tea Adviser

CARLA

➤器と花に没頭しよう。器・花連載アーカイブはこちら

スポンサードリンク

クリスマスをテーマにしたトータルコーディネート【器・花連載15】

▼この記事が気に入ったら是非▼

1 個のコメント