「芸術家たちの素顔」シリーズ最新刊『僕はモネ』『僕はカンディンスキー』

「芸術家たちの素顔」シリーズ最新刊『僕はモネ』『僕はカンディンスキー』

株式会社パイ インターナショナルは、2015年12月11日(金)に、「芸術家たちの素顔」シリーズ最新刊『僕はモネ』『僕はカンディンスキー』を同時刊行いたします。

芸術家達の作品とその人生を、ユニークなイラストと、読みやすい文章で紹介する「芸術家たちの素顔」シリーズ。シリーズ最新刊は、印象派を代表する画家として有名なモネと抽象絵画の創始者ともいわれるカンディンスキー。彼らが生きた時代のエッセンスを凝縮しながら、その作品の魅力と強烈な生き様、そして彼らが後世に残した影響をビビッドに伝えます。

・僕はモネ

印象派を代表する画家として有名な、モネ。光と色彩の表現を追求し、2,000点以上もの作品を残しました。年を重ねてもストイックに描き続けたモネの作品は、様々な芸術家たちに影響を与え、現在も多くの人々に愛されています。

書名:『僕はモネ』
仕様:B5判変型(228×173mm)/ハードカバー/ 80 Pages (Full Color)
定価:(本体1,600円+税)
ISBN:978-4-7562-4701-8 C0071
発売日:2015年12月11日
発売元:パイ インターナショナル

・僕はカンディンスキー
抽象絵画の創始者ともいわれる、カンディンスキー。画家として、美術評論家・バウハウスの教官として、国境を飛び越え、幅広い活躍を見せました。その類稀なる個性によって生まれた数々の傑作は、今なお色あせることを知りません。

書名:『僕はカンディンスキー』
仕様:B5判変型(228×173mm)/ハードカバー/ 80 Pages (Full Color)
定価:(本体1,600円+税)
ISBN:978-4-7562-4702-5 C0071
発売日:2015年12月11日
発売元:パイ インターナショナル

「芸術家たちの素顔」シリーズのご紹介
シリーズ全タイトルの監訳者として、現役コピーライターの岩崎亜矢氏をむかえ、芸術家達の作品とその人生をわかりやすくビビッドに伝えます。ユニークなイラストと、シリーズを通してそろえたくなるブックデザインも魅力のアート伝記本です。

「僕はウォーホル」http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4503
「僕はダリ」http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4504
「僕はポロック」http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4505
「僕はベーコン」http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4574
「僕はゴッホ」http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4627
「僕はマティス」http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4628

スポンサードリンク
「芸術家たちの素顔」シリーズ最新刊『僕はモネ』『僕はカンディンスキー』

▼この記事が気に入ったら是非▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です