有田焼16の窯元と海外デザイナーが協業。オランダとの交流をベースにした『2016/ project』など。

有田焼16の窯元と海外デザイナーが協業。オランダとの交流をベースにした『2016/ project』など。

佐賀県は、有田焼創業400年事業「ARITA EPISODE 2」の一環として、世界的に評価の高いオランダのデザイン力と有田焼400年の匠の技やモノづくりのDNAを連携させ、クリエイティブ産業の活性化を図るコラボレーション事業『2016/ project』を推進しています。

佐賀県が2013年11月に在日本オランダ王国大使館と締結した「クリエイティブ産業の交流に関する協定」をベースに、8か国16組のデザイナーと有田焼16の窯元・商社が協業し、世界市場に向けた革新的な新ブランド「2016/」を立ち上げ、商品開発に取り組んでいます。約300点に上るコレクションの全貌は、2016年4月、デザインの祭典「ミラノサローネ」で発表します。

・有田焼創業400年事業 「ARITA EPISODE 2」 について
日本初の磁器として、佐賀県が世界に誇る有田焼は、2016年(平成28年)に創業400年を迎えます。佐賀県では、これを機に、有田焼発展の礎となった400年の歴史を「EPISODE 1」と位置づけて区切りをつけ、新しい有田の物語を綴る全17プロジェクト「ARITA EPISODE 2」に取り組んでいます。

2016/ projec
ARITA EPISODE 2

スポンサードリンク
有田焼16の窯元と海外デザイナーが協業。オランダとの交流をベースにした『2016/ project』など。

▼この記事が気に入ったら是非▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です