時間を忘れるパン。LE PAIN DE JOËL ROBUCHON(ル パン ドゥ ジョエル・ロブション)

これは、クルミとカレンズのライ麦パン。
カレンズとは、小粒の種なしブドウを乾燥させたものだそう。見た目よりすごくずっしりしてます。

いきなりパンの紹介から入ってしまいましたが、LE PAIN DE JOËL ROBUCHON(ル パン ドゥ ジョエル・ロブション)は、ジョエル・ロブションの世界初パン専門店。渋谷ヒカリエの中にあります。

ここのパンは、それぞれがとても食べごたえがあって、やみつきになってしまうほど。仕事帰りに寄って、夜こっそり食べたり、朝までとっておけば、起きるのが楽しみになるパンです。

15515088060_9d44e25920_k.jpg

これは、季節野菜のフォカッチャ ¥400と、クランベリーとチーズの少し固めパン ¥300。ここにくると、あれもこれも買って帰りたくなるのです。。

現在、「秋の収穫祭」と題して“秋の味覚”をテーマに開発した新商品をはじめ、芋・栗・かぼちゃを使った毎年人気の商品を発売中とのこと。クロワッサンのサクサク感と、クランブルのほろほろとした食感も楽しめるという、アップルパイ クロワッサンが気になります!

関連ランキング:パン | 渋谷駅神泉駅表参道駅

スポンサードリンク

▼この記事が気に入ったら是非▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です