基本セオリーに裏付けられた技術をマスターしよう!『プロとして恥ずかしくない 新・写真補正の大原則』発売

『プロとして恥ずかしくない 新・写真補正の大原則』

『プロとして恥ずかしくない 新・写真補正の大原則』は、写真・画像の補正の工程・環境・基本的な考え方と手法の基礎から、実践的・具体的なテクニックまでをまとめた解説書です。

本当の意味での正しい補正作業を行うには、たとえばモニターのキャリブレーションの取り方やソフトウェアのカラー設定、色空間の違いによる再現色の変化や解像度による画像サイズの変化などに気を付けなければなりません。基本調整から画像加工へと進めていく過程では、具体的な機能のオペレーション方法よりも、「考え方」がとても重要になります。この「考え方」を理解した上で、あるひとつのソフトウェアに慣れてしまえば、より幅広い調整が可能となるでしょう。

本書は、補正作業の流れから、初期設定、画像データの特性、補正の考え方と手法、よく使うPhotoshopの機能などの写真補正の基礎知識と、被写体・シーン別33例の写真補正ケーススタディとで構成されています。画像を美しく仕上げることを前提としたたくさんの事例を用意しました。その中からポイントとなる部分を汲み取って、実際の仕事やオリジナリティ溢れる作品づくりにぜひ役立ててください。

〈主な内容〉
CHAPTER 1 写真補正の基本
CHAPTER 2 風景
CHAPTER 3 街並み・建物
CHAPTER 4 人物
CHAPTER 5 夜景
CHAPTER 6 花
CHAPTER 7 モノ

【仕様】
高嶋一成、内藤タカヒコ、長井美樹、渡辺美岐、吉田浩章、村上良日 共著
定価(本体2,500円+税)
B5変型判/224ページ/オールカラー
ISBN978-4-8443-6558-7

『プロとして恥ずかしくない 新・写真補正の大原則』

スポンサードリンク

『プロとして恥ずかしくない 新・写真補正の大原則』

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!