国立新美術館(東京)において、メゾン ディオールは初のシンポジウム「ディオール スキンケア シンポジウム」を開催

国立新美術館(東京)において、メゾン ディオールは初のシンポジウム「ディオール スキンケア シンポジウム」を開催

2015年11月10日、メゾン ディオールは、国立新美術館(東京)にて「ディオール スキンケア シンポジウム」を開催。国内はもちろん、海外からも多数の有名雑誌編集者やライター、美容家などが集まり、全14カ国・300名を超える参加者で、国内外で話題となりました。

ディオールの姿勢を改めて紹介する機会でもあった今回のシンポジウム。ご紹介した「ディオール スキンケア フィロソフィー」は、全部で4つ。

1、40年以上に渡る画期的なテクノロジーが生み出してきた「ディオール サイエンス」
2、触れたとたんに、使う悦びをもたらすテクスチャー「ディオール ハンド」
3、花こそがディオール スキンケアの主要成分であり、自前の畑で有機栽培する「ディオール ガーデン」
4、幸福という概念を、持続可能な地球へという考え方にまで拡げ捉えた「持続可能な取り組み」

プレゼンターは4カ国から総勢の19名。日本からは、北里大学生命科学研究所の清原寛章教授、森美術館館長 南條史生氏も駆け付け、様々な角度から4つのフィロソフィーを捕らえました。

また、2013年以来カプチュール トータル シリーズのイメージ キャラクターを務めるトップモデルのエヴァ・ハーツィゴヴァ(42)が特別ゲストとして登場。トップモデルであり、3人の子供を持つ母でもある彼女自身の、美に対する考えを披露。年を尋ねられると、「一番美しい年齢」と答えました。

スポンサードリンク

国立新美術館(東京)において、メゾン ディオールは初のシンポジウム「ディオール スキンケア シンポジウム」を開催

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!