ワインが飲みたくなる話。“ワイン好き”が注目している生産国、1位は「日本」

ワインが飲みたくなる話。“ワイン好き”が注目している生産国、1位は「日本」!

手土産にしたいワイン1位も「日本ワイン」ですって。

メルシャン株式会社は、日本ワインブランド「シャトー・メルシャン」のハイクラス商品である「桔梗ヶ原メルロー」が初ビンテージから30周年を迎えたことを記念し、日本ワインの注目度を探ることを目的に、「日本ワインの注目度に関する意識調査」を行った。

当調査は、1ヶ月にワインを1回以上飲み、かつ1000円以上のワインを買うという全国のワイン好き(※1)の男女416名を対象に、インターネットにて実施致した。

=調査結果サマリー=

1「日本ワイン」に興味があると答えた人が88.7%
(「非常に興味がある」・・・31.7%、「やや興味がある」・・・57.0%)

2「日本ワイン」を購入したいと答えた人が86.7%
(「非常に購入したい」・・・31.7%、「やや購入したい」・・・55.0%)

購入したい理由の上位は、「日本産のぶどうを使ったワインを飲みたいから/78.1%」「おいしいから/39.3%」、「ぶどう作りにこだわりを持っているから/29.1%」

3「日本ワイン」1本あたりの購入価格は、5人に1人(20.5%)が「5,000円以上」と回答。普段飲むお気に入りワインの購入価格が「5,000円以上」と回答した人と比較すると8.5ポイント高く、「日本ワイン」は高価格帯が選ばれる傾向に。

4 “ワイン好き”が注目している生産国(※) 、1位は「日本」。
生産国(※2)別のワイン飲用意向、オールドワールド、ニューワールドを抑え、「日本」が80.5%でトップ。

5 2人に1人(55.8%)が「日本ワイン」を手土産として購入したい人と回答。
※1 ワイン好き・・・ 1ヶ月にワインを1回以上飲み、かつ1000円以上のワインを買う人
※2 生産国   ・・・ぶどうの生産、醸造、瓶詰め、すべてを行った同じ国で行ったこと

ワイン好きの88.7%が「日本ワイン」に興味あり!
(「非常に興味がある」・・・31.7%、「やや興味がある」・・・57.0%)
日本ワインの興味度について質問をしたところ、ワイン好きの88.7%の人が、日本ワインに興味があることが明らかになった。さらに、約3人に1人(31.7%)が 「非常に興味がある」と回答し、高い興味をもっている人が一定数存在することも明らかになった。

桔梗ヶ原メルロー

スポンサードリンク
ワインが飲みたくなる話。“ワイン好き”が注目している生産国、1位は「日本」!

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!