お、これは!「お座敷列車で行く!小田原みかん列車の旅」

『日本で一番のみかん生産量を誇っているのが神奈川県かと、勘違いしました。Timez』

JTBグループの株式会社JTBコーポレートセールスは、東大みかん愛好会、NPO法人湘南スタイルと、神奈川県産のみかんのプロモーションを目的に、神奈川県、小田原市との協力のもと「お座敷列車で行く!小田原みかん列車の旅」を10月23日(金)に発売を開始する。

神奈川県産の果実第一位は「みかん」であることはあまり知られておらず、貴重な地域資源のプロモーションと、高齢化するみかん農家の支援を目的に神奈川県、小田原市が協力の上、産官学民が一体なりツアーを実施する。

東京・横浜を出発地に、小田原までの約2時間をお座敷列車で過ごし、列車内では、全国のみかん普及活動を行う東大みかん愛好会が、みかん検定やみかんをつかったジャグリングの妙技を参加者に披露する。また湘南スタイル監修のみかんレシピのお弁当や小田原のみかん農家(あきさわ園)でのみかん狩り(2㎏のお土産)といったみかん三昧の1日を楽しめツアー内容となっている。産官学民が連携して地域の農産物の振興に寄与することを目的に実施する。

■東大みかん愛好会の概要
~2014年創設。東大みかん愛好会は日本初の「みかん」に特化した学生団体~
みかんの消費量が全盛期の3割まで減少している状況を受け「みかんの消費量を増やす」を理念に掲げて活動する学生団体。農業研修や、みかんの普及促進イベント、湘南が発祥の冷凍みかんの海の家での販売など、みかん普及の活動を全国で実施している。会員は現在約100名。

■NPO法人湘南スタイルの概要
湘南地域の自然資源を活用し持続可能な方法で地域経済の活性化を目指している。
湘南みかんパートナーシップやふれあい畑塾、ふれあい田んぼ塾等、地域振興に寄与する各種事業を
地域の組織と連携して推進しているNPO法人(理事長 藁品孝久)

<お座敷列車で行く!小田原みかん列車の旅>
旅行期間:2015年12月5日(土)(日帰り)
旅行代金:大人(中学生以上)9,800円、小人(小学生以下)7,800円(1名様あたり)
目 的 地:小田原
募集人員:132名、最少催行人員:100名
9:30頃 東京駅発 10:00頃 横浜駅発
※お座敷列車内で東大生によるみかんアトラクション(みかん検定、ピールアート、ジャグリング等)
※湘南みかんを使ったオリジナルみかん弁当
11:40頃 小田原駅着
12:30~13:30 みかん農家でのみかん狩り
14:00~15:00 小田原城でのみかんアトラクション
15:00~以降    東京駅・横浜駅へ。
復路は東京駅または横浜駅までのJR乗車券がついています。

◇“みかん列車”の概要”
お座敷列車内で、みかんにちなんだ各種プログラムを東大みかん愛好会のメンバーが進行します。
・ウエルカムドリンク(みかんジュースで乾杯)・みかんピールアート(みかんの皮を使う)
・みかん検定(日本みかん農協のみかん検定)・みかんジャグリング  ・みかん弁当

<ツアーの詳細・お申込み>
受付開始:2015年10月23日(金)10:00~
申込方法:法人営業横浜支店へ電話またはホームページよりお申し込みください。
ツアー詳細:10月22日(木)14:00JTB現地観光プランホームページに掲載致します。
http://opt.jtb.co.jp/kokunai_opt/p/p1034726/

スポンサードリンク

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!