「アンリ・ルルー」のバレンタイン限定商品 “イタリア旅行”をテーマにした新作ボンボン・ショコラ

「アンリ・ルルー」のバレンタイン限定商品 “イタリア旅行”をテーマにした新作ボンボン・ショコラ

ショコラティエ・エ・キャラメリエ「アンリ・ルルー」では、バレンタイン限定のボンボン・ショコラを発売中です。

深紅のボックスにふんわりと大きなリボンが印象的なパッケージに今年は『イタリア旅行』のテーマにあわせた地図を描いています。詰め合わせるのは、15名のフランスの “欠かすことの出来ないショコラティエ” ※に選ばれた「アンリ・ルルー」が贈る新作のバレンタインショコラ。

バルサミコの香りと酸味、レモンとシナモンの風味の重なり、なめらかな食感のガナッシュなど、ショコラ愛好会から評価をいただいた珠玉の逸品をお届けいたします。

販売期間:2016年1月20日(水)~2月14日(日)各店舗によって異なります(オンラインショップでは1/20より発売予定)
展開店舗:東京ミッドタウン店、伊勢丹新宿店、髙島屋玉川店、催事店舗(詳細はホームページにてお知らせします)、オンラインショップ(http://www.yokumoku.jp/henri-leroux/

※)2015年10月「アンリ・ルルー」は、フランスのショコラ愛好会C.C.C.より、フランスの「欠かすことの出来ない」15名のショコラティエに選ばれました。同時に、2014年に引き続き「Tablette d’or(ゴールドタブレット)」を受賞しています。

C.C.C.とは・・・Club des Croqueurs de Chocolat(=クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ)の略。1981年に設立されたフランスのショコラ愛好会です。現在は愛好家のみならず文化人、ショコラティエ、ジャーナリストを含むメディア関係者を中心とした約150名から構成されており、毎年秋には、優れたショコラティエに賞を授与しています。

 

「アンリ・ルルー」とは

「アンリ・ルルー」2代目シェフショコラティエ ジュリアン グジアン
フランス・ブルターニュ地方のキブロンに1977年創業。創始者アンリ・ルルーは当時ショコラの先進国だったスイスの製法をフランスに伝えた先駆者的ショコラティエであり、世界で唯一のキャラメリエ(キャラメル職人)。日本へは2007年より出店。

彼のレシピや技術、お菓子に対する想いのすべては、2代目シェフ ジュリアン グジアンをはじめ若き職人たちに継承され、2010年より「アンリ・ルルー」はメゾンとして次の時代を刻み始めています。

2016年の「アンリ・ルルー」のバレンタインは、このロッセリーニの『イタリア旅行』にインスピレーションを受けた2代目シェフ ジュリアン グジアンの新作を含む、イタリア4都市をイメージしたボンボン・ショコラをお届けします。皆さまの熱い想いをこのショコラに乗せ、お贈りください。

http://www.henri-leroux.com/

スポンサードリンク

「アンリ・ルルー」のバレンタイン限定商品 “イタリア旅行”をテーマにした新作ボンボン・ショコラ

記事を気に入ってくれたら
「シェア」&「登録」
をお願いします!